一戸建て・マンション・土地の売買仲介、買取りならグローバルトラスト不動産株式会社

お気軽にお問い合わせください tel:03-6712-5218 10:00~21:00 定休 土日・祝日

ブログ ブログ

BLOG

専門家が役に立つ情報を紹介します

ご売却

2022年4月15日

不動産売却の囲い込み防止策とは?

1.レインズの登録状況を確認

不動産をできるだけ高値で、かつ早く売りたいと考えているのであれば、より多くの買い手を見つけることが大事です。

しかし、不動産会社の中には、買い手からの仲介手数料を狙い、囲い込みを画策するところもあります。

囲い込みをされてしまうと、限定された買い手しか見つからないので価格が下がりがちですし、実際に売却できるまでの期間が長引くこともあります。

 

そこで、契約した不動産会社が囲い込みをしていないかどうかを確認する必要があります。

そのための一つの手段としては、レインズを確認することです。

レインズとは、不動産会社が売却した物件を登録することで、全国の業者に情報共有ができるシステムです。

レインズへの登録は、契約の種類によって義務の有無が変わってきます。

一般媒介契約では義務はありませんが、専任媒介契約と専属専任媒介契約では義務が生じます。

そのため、少なくても後者2つどちらかの契約をしたのであれば、必ず登録をしているかを確認をしましょう。

 

といっても、レインズは不動産会社専門のネットワークですので、外部の人が詳細を確認することはできません。

そこで、契約の際に、登録証明書をほしいと伝えることができます。

これは、レインズに登録すると出るものですので、証明書が発行されていれば、きちんと登録されたということが分かります。

事前にこのことを伝えておくだけでも、不動産会社にとってはプレッシャーとなりますので、囲い込みを防止する助けとなります。

 

2.完全に防げる方法はない!?

このように、少なくともレインズに登録を済ませることで、物件の情報を共有させることができるのですが、これで完璧に囲い込みを防止できるわけではありません。

というのも、他の会社が物件に興味を持って問い合わせをしてくる際には、契約した不動産会社に電話してくるからです。

もし、囲い込みを画策している不動産会社であれば、連絡があっても、「すでに他の申し込みがあったので取引はできない」「担当者が不在にしてます」と言って紹介を断ることができます。

そうなると、いくら物件情報を公開しているとしても、他の会社から買い手を見つけることはできなくなってしまいます。

 

通常、売り手に直接連絡をしてくるというシステムは取りませんので、この方法を防止するのはなかなか難しいものがあります。

やはり、信頼できる不動産会社を探し、その会社の販売手法をしっかりと確認するしかないわけです。

お客様のニーズに全力でコミットします 信頼と安心をお約束します。

まずはお気軽にご相談ください。実績・経験豊富なスタッフがアドバイスさせていただきます。

tel;03-6712-5218 TEL受付時間 10:00~21:00 定休 土日祝日

24時間365日受付可能 Webからのお問い合わせはこちら

NEWS

お知らせ

もっと見る