Javascriptの設定を有効にしてください。お使いのブラウザはJavaScriptをサポートしていないか、JavaScriptの設定が無効になっています。このサイトでは、JavaScriptを使用しています。すべての機能をご利用希望の方は、JavaScriptを有効にしてください。

L O A D I N G

Global Trust Real Estate

不動産のお問い合わせはこちら

TEL 03-6712-5218

営業時間 10:00~19:00 火・水を除く

不動産に関するお役立ち情報!!グローバルトラストの不動産コラム

戸建てマンションリノベーション土地ご売却

2024/06/28

【スタッフブログ】物件写真が大切なのはなぜ?

こんにちは!

グローバルトラスト不動産です。

 

今住んでいる家や賃貸物件を探したとき、物件の第一印象は何で決まりましたか?

恐らく「写真」と答える方が多いのではないでしょうか。

 

もちろん利便性や間取り、価格も大切ですが、物件写真を見たときに写真が暗いと「日当たりが悪いのかな?」と心配になり、リビングが狭そうに見えると「広いリビングがいい」と思ってしまいますよね。

 

自分が物件探しをしていたときと同じように、購入希望者も無意識のうちに写真で物件を判断しているのです…!

 

不自然な加工は逆にマイナスイメージに…

ポータルサイトには、数百、数千件もの物件写真が並んでいます。

その中から物件の詳細を見てもらうためには、購入希望者が「きれいそう」「広そう」と感じるような物件写真を掲載しなければなりません。

 

暗かったり画像が粗かったりするとクリックすらしてもらえない、なかなかにシビアな世界です。

 

「それなら加工で広さや色味を調整すればいい」と思うかもしれませんが、人物写真を加工しすぎると不自然になるように、物件写真も違和感が出てしまいます

空間が歪んで見えたり、写真が明るすぎたりすると、プラスのイメージどころか、逆にマイナスイメージを与えることも。

 

物件写真は、加工すればいいというほど単純なものではないのです…

 

グローバルトラスト不動産のスタッフは撮影講習を受けています

スマートフォンの画質が上がっているといえど、画質には限界があります。

さらに物件写真に必要なのは“映え”ではなく、“正確な情報を届けること”なので、必要情報が写真にしっかりと写るように、撮影方法、角度、時間などのさまざまな点に注意して撮影しなくてはなりません。

 

そこでグローバルトラスト不動産のスタッフは、プロカメラマンによる撮影講習を受けています。きれいに撮ることはもちろん、どんな点に気を付ければ誤解を与えない写真が撮れるのかを、プロから直接学び、実践しています。

 

問い合わせにつながる写真掲載を

「たかが写真」と思うかもしれません。

しかし、写真が与える印象で問い合わせ件数は大きく変わることを、長年不動産業界にいる私たちはとても実感しています

ですから、私たちはお客さまの物件を高く・早く売るための努力は惜しまず行いたいので、写真撮影にも全力で取り組んでいます。

 

もちろん撮影料はいただきません!

「きれいな写真を撮ってほしい」という方は、お気軽にご相談ください^^

 

都心エリアの不動産売却なら 失敗しない家の売り方・買い方